オメガ3脂肪酸を使った汗疱治療法

今回は、汗疱の治療法としてポピュラーな「オメガ3脂肪酸」を摂取する方法を紹介します。

オメガ3脂肪酸とは?

オメガ3脂肪酸とは、体内の必須脂肪酸「EPA」「DHA」「αリノレン酸」の総称であり、人間の身体に不可欠な成分です。

オメガ3には、血液をサラサラにする効果や、アレルギー疾患、アトピーの防止、脳の活発化などの効果があると言われています。

ただし、オメガ3は体内で生成することができません。そのため、オメガ3を多く含む食品「えごま油、シソ油、亜麻仁油(フラックスシードオイル)」などから、経口摂取する必要があります。

スポンサーリンク


えごま油から

僕は汗疱治療に、この「えごま油」を使ってみたので、こちらを紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

朝日えごま油 170G
価格:799円(税込、送料別) (2017/10/24時点)

1日に必要なオメガ3脂肪酸を摂取するためには、大さじ1~2杯分のえごま油を毎日飲む必要があります。

ただし、オメガ3は熱に弱いため、そのまま生で飲まなければいけません。味は普通の油なので、サラダにかけたり、ジュースに混ぜたりして、美味しく飲むのがおすすめです。

ちなみに僕は、この「えごま油」を半年ほど、毎日大さじ1杯分飲み続けましたが、劇的な変化は見られませんでした。しかも1本700円前後と、結構な価格だったので、この治療法は諦めました。

サプリメントから

そこで出会ったのが、サプリメントからオメガ3を摂取する方法です。えごま油を買い続けるより安い値段で、しかも楽にオメガ3を摂取できます。

小林製薬 EPA、DHA、αリノレン酸 サプリメント

僕はこの「小林製薬のサプリ」を、「ビオチン」「ビタミンC」「ミヤリサン」と一緒に、一日3回に分けて飲んでいます。

サプリメントボックス

飲み始めてから数年経ちますが、それまで悪化する一方だった汗疱が、すっかり沈静化しました。健康診断の悪玉コレステロール値なんかも、かなり低くなり、体質改善の効果もあって良かったです。

まとめ

オメガ3脂肪酸を使った汗疱治療は、かなり効果があったので、一度試してみても良いと思います。個人的には、簡単に摂取できるサプリメントの方がおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする